産後太りは歪んだ骨盤が原因!?腰痛だけじゃない骨盤の影響

産後は骨盤が歪んでしまって、代謝低下によって脂肪が付きやすくなるものですが、産後半年位までにダイエットに取り組まないと、段々と脂肪を落としにくい体になります。

産後に現れた変化は産後太りによる肥満であり、出産後は体型が崩れる事は当たり前と思っていたのですが、最近では出産後でも体型を保って綺麗なママが多いです。

出産過程で骨盤が広がり、骨盤の歪みは太りやすい体質を作る事から、骨盤矯正を行う事が有効になります。

知人に聞いて骨盤矯正から入った方が良いと聞き、様々なアイテムがありますが専門家にチェックしてもらう方が良いという事で、専門の矯正院に行って骨盤を整えてもらったのです。

骨盤矯正を行った状態で軽い運動や食事管理を行っていく事で、産後太りに悩んでいたのですが元の体型に戻っていき、骨盤矯正を行った上でダイエットを行う事は効率が良いと言えます。

産後1ケ月位で医師に相談して、了承されたらダイエットに取り組む方が良いですし、あまり期間を開けずに開始が有効です。


二人目出産後、出産前と比べて8キロ増が2ヶ月たっても戻りませんでした。その、8キロは主にお腹と、下半身についた肉らしいのですが…
お腹は妊娠6ヶ月程度のぽっこり!それがへこまないのです。
一人目の時はこんなの無かったのに!と、さすがに焦りを感じて、何かしようと思い見つけたのが山田式骨盤ストロングベルトです。腰痛改善や、腰痛防止に使う商品のようですが、産後の骨盤矯正にも良いとの評価を見て購入しました。
つけやすいのでキツめに締めて暫く使ったところ、ようやく1キロ落ちました。既に産後3ヶ月を過ぎており、完全母乳育児をしているので、自然に体重が落ちるものと思っていましたし、よくそのような話を聞くので、このベルトの効果とは言い難いですが、やっと1キロでも減ってくれて良かったです。ベルトをつけたままの運動が効果的なようですので、7キロの子供を抱っこしながらベルトを締めて運動を続けるつもりです。
ヒップ周りも1センチほどは減ったようです。